稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

英語漬けの日々を送っています




稲葉です
本日海外滞在8日目ですが、英語漬けの日々を送っています。
当たり前ですが、海外に行くならば英語が話せたほうが良いです。
英語が話せるか否かで、旅行の楽しさがだいぶ変わってきます。


続きは編集後記で。






■ 本日最終日。45億円以上売ったセールスレター・テンプレート


ダイレクト出版が商品を45億円以上売ったセールスレター。
そのセールスレターのテンプレートが現在無料で公開されています。


早速稲葉もレポートをダウンロードして見ましたが、
コピーやマーケティングで色々な気づきが得られる良いレポートでした。


もちろん数多くのサンプルが載っていますので、
そのままセールスレターを書くのに利用できます。


かなり有益なレポートだと思いますので、
今すぐダウンロードすることをお勧めします。
本日最終日です。


⇒ http://s.3rdstage.biz/acdz






■ 本城式英会話学習法


人間には知的欲求がありますが、
本城式英会話学習法のDVDを見て、知的欲求が満たされました。


NORIさんこと本城さんは、
さすが5,000人に英会話を教えてきただけあって、
非常に話しが上手で説得力があります。


説得力があるのは、実際にあった事、
つまり実例で話しをされるので、そのせいでもあるかと思います。


本城式英会話学習法のDVDは、
約2時間というかなりの長さがあるのですが、
夢中になって引き込まれてしまいました。


⇒ http://www.secretzone.net/freeoffer/1029.html






■ 編集後記


日本では日本語だけ使っていれば生活できますが、
海外に出るとそうはいきません。


空港での入国から外国語漬けの日々が待っています。
対人恐怖症の日本人にとっては、この外国語環境が嫌で
海外に出ない人もいるのではないでしょうか。


しかし海外に来ると、本当に見聞が広がり、
時に価値観も変わりますから、それを体感しないのは
非常にもったいないです。


海外でベストは現地の言葉ができることですが、
しかしそうでなくても英語ができればなんとかなります。


ここタイでも、観光地としてなりたっている側面が
ありますから、英語が話せるタイ人が多いです。
ホテルの従業員や店員さんなんかはそうですね。


チェックインや食事のオーダーなどは最低限として、
もう少し話せると、現地の情報が聞けたり、仲良くなれたりして
非常に楽しいです。


英語ができないと日本人向けの場所にしか行けませんが、
少しできるとコアな場所で遊べたりするのでさらに
楽しさが広がります。


稲葉も初めて海外に出たときに比べると、だいぶ英語が
話せるようになってきました。最初はホント駄目でしたね。


今では聞き取りのレベルも上がっているので、
こちらでは映画を観たりして過ごしています。


ビジネスだけでなく、こうした旅行といったプライベートでも
英語は必要なものですので、ぜひ時間がある時に
身につけておくことをお勧めします。


ちなみに今回は、事前に本城式英会話学習法を学んできたので、
英語を話すにも、聞き取りにもかなり役立っています。






コメントを残す

*

Return Top