稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

【本城式EQ英会話の評判】英語耳?「飽きっぽい」が「ah.. keep on going」に聞こえた件

稲葉です


今日は車を運転していてラジオを流していました。
日本人アーティストとDJの会話だったのですが、
突然「ah.. keep on going」と聞こえました。


それは日本人アーティストの方の発言だったのですが、 ほとんど集中して聞いていないというか、
流して聞いていたので、びっくりしてきちんと聞いてみると、
どうやら完璧に日本語で会話しているようです。


「あれ?」と思い会話をさらによく聞いてみると、
どうやら先程は「飽きっぽい」と言ったことがわかりました。
「自分は飽きっぽいんです」と何度も話していました。


「飽きっぽい」が「ah.. keep on going」と聞こえたわけです。
確かに発音してみると似ている所があります。

ところで英語耳はどうやって作られるのか?

英語というのは聞く量が増えれば「英語耳」と呼ばれる
英語が聞き取れる状態ができてくるのでしょうか?


確かに巷にも「聴くだけの英語教材!」といったものが
いくつも存在します。


ですがこれには稲葉は若干否定的です。
というのは、いくら英語を聞いても、
知らない単語は聞き取れないからです。


これは聞くだけでは絶対に乗り越えることができません。
やはり自分で発声して、
正しい発音を身につける必要があります。
逆に自分で発声できる単語は間違いなく聞き取れます。


EQ英会話の本城武則先生もこういった事を
仰られています。


> 確かに、子どもにとっては、
> 正しい音を聴き続けることによって、
> それを聞き取れるようになりますし、
> 自分で音を再現
>
> つまり、声に出せるようになるでしょう。。
>
>
> しかし、一般的に大人になってからは、
> それはできません。
>
>
> このことに関しては、
> “クリティカルエイジ”などという言葉で
> 既に多くの方がご存知かと思います。
>
>
> そうです、
>
> 残念ながら、12才を超えている人が、
> “聞くだけ学習”で英語を身に付けることは
> できないのです。


※ 2012年6月21日のEQ英会話のメルマガより抜粋

個人的な英語上達のポイント

稲葉も昔は英語が全く話せないというか、
完璧な英語恐怖症でした。


はじめてハワイに行った時は、
ホテルでのチェックインすら話すのが怖くて
一緒に行った人に全てお願いしていました。
恥ずかしい限りです。


これでは旅行も満足に楽しむことができません。


英会話の必要性を身にしみて、
その後色々と試してみましたが、最終的にいきついたのが、
本城式EQ英会話のメソッドでした。


理論的かつ実践的なEQ英会話のメソッドで
みるみるうちに英語は上達しました。


英語恐怖症が無くなり、自信を持って会話できましたし、
今まで伝わらなかった英語も伝わるようになりました。
そんなかんなで旅行にも色々と行きましたし、
現在も外国人の彼女や友人と付き合ったりもしています。


特に一番大きかったのは、
自分の考えていることが英語で表現できるようになったことです。



これはかなり大きなポイントで、
海外で多くの人は、頭のなかで日本語で言いたいことがまとまっても
それを英語で伝えることができず、
口ごもったり、諦めてしまうことが多いです。


でも伝えるのに難しい英語は無くても大丈夫なんです。
今では自分の言いたいことをいかに簡単な英語で表現できるかが
英会話の重要なポイントだと思っています。


英語はネイティブに教わるな!

かつては英会話学校に行ったりして(とても高額でしたが...)、
ネイティブから英語を学ぼうとしましたが、
結局身につくことはありませんでした。


今思うと、ネイティブの人は自然と英語を苦もなく
身につけているわけで、
どのポイントが英語を学ぼうとしている人が悩むポイントか
といった事が逆に見えづらくなっているのだと思います。


ですから「英語は逆に日本人に教われ!」と今は思います。
その方が日本人が躓くポイントや上達のポイントなどが
はっきりわかるからです。



一から英語を身につけた非ネイティブだからこそ
わかるポイントはいっぱいあると思います。


本城武則先生もそんな一人で、
全く英語が話せない状態で渡米し、
そして壁にぶつかりながらも、最終的に英語を身につけました。


そして今ではネイティブばりのペラペラな英語で、
アメリカ連邦航空局公認の飛行&地上教官になり
(英語が完璧でないと相当難しいそうです)、
ANAの同時通訳なども歴任しています。


そんな本城武則先生が教えるEQ英会話は、
独自のメソッドで発音や英語理解を深め
着実に英会話の力を向上させてくれます。


また英会話のメソッドが確かなだけでなく、
教材の費用が安いこともメリットです。
超高額な英会話教材も多いですから...


個人的には教材だけでなく
時々届く本城武則先生のEQ英会話のメルマガが
とても面白く気に入っています。


本城式EQ英会話の詳細はこちらから
 ⇒ http://www.inabamasaki.com/tr/6te9IUH.b.html



なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?

コメントを残す

*

Return Top