稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

本城式英会話学習法が実践でかなり役に立った件




稲葉です
先週末海外から戻りましたが、
今回海外で本城式英会話学習法がかなり役に立ったので、
改めてレビューします。


本城式英会話学習法はかなりオススメですので、
まだチェックしていない人は早めにチェックしてみてください。


⇒ http://www.inabamasaki.com/tr/6te9IUH.b.html






■ 英会話を話すコツ


本城式英会話学習法のDVDでは、
なぜ日本人が英語を話せないかという、
2つのメンタルブロックの話から始まり、
そしてその後、英会話を話すコツを教えてくれます。


しかもその方法が、オリジナルで実証済みであるだけでなく、
非常に科学的です。


例えば英語を話すコツですが、
英語の成り立ちから考えるようになっています。


英語は、子音が集まってできている言語である、
その理由は、非常に寒い国でできた言語だから、
口をあまり開けずに話せるようになっているからです。
といった具合です。


そして、英語を話すコツは簡単と言いきり、
最も大きなコツは●●●●●事だと言います。


単純ですが、話しを聞いて、目から鱗でした。
海外では早速活用してきて大いに役立ちました。


実際これは確かにその通りで、
しかも理論に基づいてそういっているわけです。


これだけで通じなかった英語が通じるようになります。






■ 英会話を聞き取るコツ


そして英語を聞き取るコツは、
言語的常識にあると解説されます。


言語的常識というのは初めて聞く言葉だったのですが、
日本語の例を上げて解説されて、
「あーなるほど確かにそうだ」と思いました。


言語的常識を簡単に言うと、
言語を聞き取る時、人は「先読み」して聞いているという事で、
単語単語で意味を把握していくのでなく、
次はこう言うだろうと自然と予測しているとの事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「北海道に行った」という話しを聞けば、
誰でも、「寒い」とか、「旅行」とか「食べ物が美味しい」と
言う事を予測して、話しの続きを聞くわけです。


これが言語的常識です。
英会話の聞き取りにおいては、
この言語的常識の幅を広げていくのが、本城式英会話学習法の肝です。


これは日本語だけでなく、もちろん英語でもそうで、
他の言語でもそうでしょうね。


だからこの言語的常識を使わず、
単語の意味だけを追うリスニングは、
聞き取れるようになりませんし、疲れます。






■ 本城式英会話学習法を学ぶべき人


「海外に旅行に行って、現地の人ともコミュニケーションしたい」
「いずれは海外で暮らしてみたい、働きたい」
「外国人の友人を作り、色々と話したい」
「外国人の彼女、彼氏が欲しい」

といった英会話を使う目的を持った人は、
本城式英会話学習法を学ぶとかなりの効果が出るでしょう。


まだ目標がない人、英会話に興味が無い人は、
学ぶ必要がありません。


目標があった方が良いのは、その方が学習効果が大きく高まるからで、
実際にその事は本城さんもDVDの中で話しています。


3ヶ月というのは大げさかもしれませんが、
しかし確かに効率的、効果的な学習法なので、
すぐに効果が出て、そしてその後着実に話せるようになっていく
と思われます。


従来の英会話学習法とは一線を画すので、
今まで英語学習に躓いた人は一度試す事をオススメします。


ちなみに本城式英会話学習法では効率的に話し、
聞き取る事を学びますが、別に怪しい方法と言うわけでなく、
非常に理論的な方法で、実証済みの方法です。



本城さん自身、難しい米国全土のパイロットの指導ライセンスを
現在も保有しています。


特に発音は本格的で、ネイティブの発音を身に付ける事ができます。


英会話に興味がある、英語で話したいと言う方は、
まずは無料DVDを請求してみて下さい。


今なら、以前58,000円で販売されていた
「英語EQを高める30日プログラム」も無料でプレゼントされます。


なにせ無料なので、
前回も1000部のDVDがすぐになくなってしまったキャンペーンです。
少しでも興味のある方は早めに申し込んでおくことをオススメします。


⇒ http://www.inabamasaki.com/tr/6te9IUH.b.html


なぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのか?






コメントを残す

*

Return Top