稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

メルマガを書くのに2時間も3時間もかかる




稲葉です


ここのところメルマガを早く書く方法を研究しています。
先週末から研究結果を実践し取り入れ始めました。


しかし1通のメルマガを書くのに
2時間とか3時間とかかかってしまう人もいるようです。


これでは日々メルマガを出していくのは、
かなり辛くなってしまいます。


色々と実験してみてわかったのですが、
メルマガを早く書くには、
コツとルールを持っていればいいということです。


続きは編集後記で。




■ ■ ■  今すぐチェックしておくべき無料&激安情報




■ ハロウィンで大事件が起きた衝撃


世界的セラピスト、ショーン・スティーブンソンの
未公開動画がいよいよ公開されました。


「感動した!!」
「明日から生きる希望が湧いてきました!」
「動画を見るだけで、元気が出てなんども見返しています」
「一目見てショーンの大ファンになってしまいました!」


ショーンの映像には、11月1日から4日間で、
50000人が訪れています。
日本初公開「世界No.1マインドセットの法則」です。


⇒ http://s.3rdstage.biz/igzd




■ がんばるのを止めると成功する!?


ある男の話を紹介します。
彼は、毎日朝の7時30分から働いて、家に帰るのは夜の11時過ぎ。


でも、仕事が上手くいく事はありませんでした。
プライベートも人間関係もよくありませんでした。


しかし、Dr.モルツの『サイコ・サイバネティクス』に出会い人生を変えます。
人間の脳に本来備わっている
“自動的に成功するメカニズム”の秘密を知ったからです。


⇒ http://s.3rdstage.biz/daec




■ 本城式英会話学習法


先日までの海外滞在で一番役に立ったのが、
実は本城式英会話学習法です。


今まで話して伝わる割合が30%とすると、
今回はその3倍の90%は伝わるようになりました。


話す時に意識して本城式英会話のロジックを使うようにすると、
驚くぐらい通じて、話が弾みます。


⇒ http://s.3rdstage.biz/fefz




■■ お金を出しても手に入れておきたい有料情報


■ YESを引き出す7つのトリガー


最新の脳科学が明らかにした説得の科学!
人はどのように意思決定を行うのでしょうか?


研究によると考えずに素早く簡単な決断をするとき
私たちは一般的に「スーパーセブン」と呼ばれる
トリガーを使っていることがわかりました。


この7つあるトリガーのうち
相手に応じた正しいトリガーを引くだけで
思い通りの結果をもたらすことができるのです。


もし、誰かを説得しようと思ったら
その人の持つトリガーを見つけ出すことが
成功のカギになります。


シティ・グループやプルデンシャル、
AT&Tなどの超一流起業とパートナーシップを組み
25年にわたってビジネスシーンでの説得術
を研究してきた著者による最新刊。
かなりの良書です。


⇒ http://s.3rdstage.biz/aazb






■ 編集後記


メルマガを早く書くには、いくつかのコツがあります。


テクニックとしては、

+─────────────────────────────+
・メルマガテンプレートを固めてしまう

・完璧を目指しすぎない(多少の誤字脱字等は許容する)

・書くべきテーマを日々メモしておく
+─────────────────────────────+

などがあります。


これらを実践するだけでも相当早く書けます。


特に書くネタに悩む人は、前の日までに次の日に書くネタを
決めておくと良いです。


またネタは思いつくときにたくさん書きだしてメモしておくことを
オススメします。


上記を実践するだけで、メルマガを書くのに2時間とか3時間とか
かかることは無くなります。


しかしそれでも時間がかかるという人は、
強引にでもタイムリミットを決めてしまってください。


タイムリミットを30分と決めたら、
30分で書けた場所まででメルマガを発行してしまうのです。


もちろん途中になってしまうこともあるでしょう。
その時は次回につなげても良いと思います。


結局書けないというのは、制限時間がない場合がほとんどです。
制限時間を設けるだけで、テキパキと行動できるようになりますし、
メルマガもメリハリよく書けるようになります。


覚えておいたほうが良いのは、
時間をかけて書いた記事の方が読者にうけるわけではないということです。


どの記事の評判が良いかは、実際発行してみるまでわかりません。


記事の評判は書く時間が決めるわけではありませんので、
だらだらと長い時間がかかってしまうことは意味がありません。
ご注意ください。




コメントを残す

*

Return Top