稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

CPI CloudCoreに申し込んでみたので色々設定してみる。

稲葉です


主にWordPressとメルマガ運用のために、
新たなサーバーに申し込んでみました。


CPIの【CloudCore VPS】です!


スペック的には問題無いというか、かなり良さげなこのCloudCore。
しかしOSが入っただけのほぼまっさらな状態で渡されるため、
実際使いこなせるかが問題かと思います。


さて潜入調査開始です。

申し込むとすぐに数分で、サーバー設定完了通知が届きます!


「はやっ!!!」


そんなわけでまずはコントロールパネルにログイン!
とりあえず、CloudCoreのコントロールパネルの
スクリーンショットを撮ってみたり。

Google ChromeScreenSnapz198


ちなみにコントロールパネルでできることは、
通常運用中は「仮想サーバーの再起動」ぐらいですかね〜。

リソースモニターもありますが、
あまりログインする機会は無いかと思います。


まぁただ見てても仕方がありません。
サーバーの設定完了通知で、
sshのログイン情報が来ていたので、早速ログイン。


とりあえずrootでパスワード認証でログインできますが、
セキュリティ上、この辺はすぐに色々変えておきたい所。


とりあえず稼働しているデーモンをチェックするために、
chkconfigしてみます。

とりあえず何にも...ということはないですが、
あまりパッケージは入っていない模様。


postfixが入っているので、
メールサーバーとしてはすぐに利用できそう。


ちなみにOSはCentOS6.2を利用しています。
OSは、FedoraやらUbuntuやら色々選べます。
ISOイメージからインストールすることも可能な模様。


ファイアウォールの設定もチェック!

まぁ見事にsshぐらいしか開いていないですね。
Webとメールサーバーにはするので、
80、443、25番ポートなどは開けていきます。


というわけで、まっさらなサーバーです。
新しいPCを手に入れた!感じに似ているでしょうか。

自分好みに利用するには、一から設定していく必要があります。


というわけで、今色々と設定中です。


CPIのCloudCoreは、
cv01のプランなら10日間の無料試用期間がついているので、
その間に色々触って設定してみたほうが良いですね。


で、使えそうならGO!
使えないと判断したらキャンセルというか、
支払いをしなければ自動的にキャンセルになります。


というわけで、次回以降は設定について書くかも書かないかも(*´∀`)


まぁ悪い癖で大体サーバーを変えると、色々イジってログを取らないので、
今回はやったことは記録しながら作業しています。

完了したらまとめてレポートにでもしようかなと思っています。


ではでは。

コメントを残す

*

Return Top