稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

【解決】MacBook Air (Late2013)のスリープ問題

稲葉です


先日から問題となっていた
MacBook Airのスリープ問題、バッテリー消耗が激しい件が
解決したのでそのご報告。

MacBook Airのスリープ問題とは?

MacBook Air(Late2013)で発生した問題。


夜スリープ状態にして、朝になると、
バッテリーが0になってしまうという問題。


スリープ中に勝手にスリープから復帰してしまう事が原因。


Appleに修理も出したが、結局治らず...
サポートフォーラムでも同様の症状の書き込みあり。
しかし解決方法はわからず。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

MacBook Air (Late2013)がスリープから復帰するとバッテリー残量が0になっている件
http://www.secretzone.net/trouble110/2379.html

解決のきっかけ

前から気になる点があって、
それはとあるソフトウェアが悪さしているのではないかという疑い。
記憶が定かならば、ソフトを入れた後から症状が出た気がするため。


でも試すには至らず、運用でカバー(毎日電源断)していたのだけれど、
ある日海外のAppleフォーラムを除いてみると、

「Avastをアンインストールしたら問題が消えたよ!」

という報告が。


疑いが確信に変わり、そこで早速試してみることに。

Avastをアンインストールし、状況を確認...

一筋の光明が見えたので、早速試すことに。


Avastのアンインストールをメニューから行い、
一応 Wifiをオフにし、蓋を閉じる前に明示的にスリープにしてみる。


数時間後、蓋を開けスリープから復帰させると、

「お見事!バッテリーは減らず」


コンソールログをチェックしてみるも異常なし。


うまくいったか?とちょっと緊張しながらも
今度は朝までスリープ状態で放置することに。


結果はこちら。

ConsoleScreenSnapz002


夜21時過ぎにスリープさせた後、
蓋を開けた朝6時24分までログは記録されず。

もちろん、スリープから勝手に復帰していない。


「やったー!解決したーーー!」

バッテリー残量も減らず、たっぷり残っています。


ただ結構長い間困った問題だったので、
何度か試すことに。


そして別の日の結果がこちら。

ConsoleScreenSnapz003


やはり翌朝までログは記録されず正常。
スリープから勝手に復帰せず。


どうやら解決した模様です。
今回のトラブルは結構手間取りましたが、
解決できて非常に良かったです。

スリープで日々運用できなかったのはかなり辛かったので。


同様の問題でお困りの方がいらしたら、
この記事の方法をお試しあれ。



-- 追記(2013/12/27)

その後しばらく経ちますが、問題なく安定して動作しています。
スリープ解除されることもなく、
朝になってもバッテリーも残っています。
どうやらうまくいったようです。

コメントを残す

*

Return Top