稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

zipLinker2のトラブル対応方法解説。リダイレクトでziplinker2が使えない件

稲葉(@inabamasaki)です。

先日「ziplinker2が使えなくなってしまったので見てもらえませんか?」といった旨の問い合わせがありました。そこでサイトを確認してみたのですが確かに使えなくなっていました。ログイン画面を表示すると別のサイトにリダイレクトされてしまう現象でした。

原因もすぐわかりましたし対応自体はそれほど難しくなかったので、すぐに修正して使えるようにはなりました。ただ勝手に転送されるウェブサイトがウイルスの警告が出たりする怪しい詐欺的なサイトだったので、実際使っていた方はびっくりしたものと思われます。

状況

ziplinker2のログイン画面を開くと別サイトにすぐに転送されてしまう。転送先のサイトではウイルスの警告メッセージが出る。

原因

ziplinker2のログイン画面で、バージョンアップ等のメッセージを外部サイトから読み込んでいたが、その外部サイトのドメインが別の人間に渡ってしまっていたため。

具体的にはziplinker2のログイン画面でiframeで読み込んでいた「ziplinker.com」のドメインが期限切れとなり、別の人間がすぐに所有。その新たなサイト所有者が偽装サイトに転送設定していた為。

ziplinker2を設置してあるユーザーのサーバーがハッキングされたとか、PCやブラウザが乗っ取られたとかそういった類ではないのでその点はご安心を。

対応方法

ziplinker2設置先の2つのファイルを修正する。

修正するファイル

修正するファイルは以下の通り。

ziplinker設置先ディレクトリ
 └ admin
   └ template - _index.html
   └ admin.cgi

該当場所の admin.cgi と _index.html を書き換える。

修正内容

admin.cgiは187行目と6738行目をコメントアウトする。コメントアウトは行頭に「#」を付ける。ソースを見ると該当行でiframeでziplinker.comを呼び出しているのが確認できる。修正内容のdiffは下記の通り。

同様に_index.htmlは97行目をコメントアウトする。こちらはHTMLなのでコメントアウトには、「<!--コメント-->」の形式を使う。なおどちらのファイルもコメントアウトのやり方が不明な場合は該当行の削除でも可。

修正後、ziplinker2のログイン画面を開き正常に利用できることを確認する。

その他

自動転送されたサイトでCookieが渡されるため念のためブラウザリセット推奨。

コメントを残す

*

Return Top