稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

ロリポップではPHP5.3が利用できなくなった模様。これにより色々と使えないツールが出てきます。

稲葉(@inabamasaki)です。

先日とある作業依頼を頂き、ロリポップの環境をチェックしていたのですがそこでわかった事を共有します。今まではロリポップでも旧バージョンのPHPが提供されていました。これはエックスサーバーなど他のレンタルサーバー同様にです。しかし現在はPHP5.4以降のバージョンしか提供されなくなりました。PHP5.3以前のバージョンは基本的に利用できません。

但しロリポップの契約利用状況によって変わります。

PHP5.3以前が利用できないのは新規契約サーバーと以前から契約しているサーバーでも今後新たに追加するドメインです。この場合PHPのバージョン選択が5.4以降、現在は5.4〜5.6となっていますので5.3以前のバージョンを選ぶことはできません。しかし契約済みのサーバーかつ以前からPHP5.3以前のバージョンを選択している場合は継続利用可能な模様です。但しその場合も5.4移行にPHPのバージョンを変更してしまうと5.3以前に戻すことは出来ません。

ロリポップのサイト上では特にアナウンスされている様子も無いですし、マニュアル等にはまだPHP5.3の記述も残っています。ですから現在も使えると思っていたのですが、実際は既に利用できなくなっていた模様です。

PHP5.3は既にサポートが停止されています

PHPという言語は非常に開発速度が早く、そして後方互換性を保障していません。具体的には過去使えた機能が新しいバージョンでは使えなくなることが普通にあります。開発速度が早い上に互換性も切り捨てられることから以前から開発者の間で問題となっていました。要はPHPのバージョンが更新される限り、PHPで作ったツールも更新し続けなければいけないと言う事です。これは保守面で容易ではありません。

PHPは現在最新版がPHP7であり、その前のバージョンがphp5.6です(php6はありません)。一部の過去バージョンもセキュリティホールに対するパッチ提供が行われていますが、それが提供されるのは現在php5.4以降です。既にphp5.3以前はサポートが終了しており公式なセキュリティパッチは提供されません。

ロリポップでPHP5.4以降しか使えない理由

要はPHPの開発状況に合わせるという話だろうと思います。PHP5.3以前は既にサポートが終了の為、現在そして将来的にもセキュリティホールが存在する可能性が高いです。そういったセキュリティ面を重視しての対応という形でしょう。

PHP5.3とPHP5.4の大きな違いから生じる問題

セキュリティ面を考えれば正解の対応もツール利用者の視点では問題となります。というのは先ほども書いたとおりPHPではバージョンが上がる際に過去の機能を切り捨てるケースが多々あり、その為その機能に依存したツールが動かないケースが出てきます。

もちろん開発者がプログラムを絶えず更新すれば問題ありませんが、WordPressの様な多数の開発者が参加しているツールでない限り、全てのツールをPHPが更新される度に更新していくというのは開発者の負荷が高すぎてあまり現実的でありません。軽微な機能の切り捨てであればプログラム更新も簡単でしょうが、仕様の根本に関わるような部分だとそう簡単に更新できませんし、ほとんど新規開発と変わらない状況にすらなります。

そしてPHP5.3とPHP5.4の間では特に大きな変更が入っているため、PHP5.4以降で動かないツールというのが結構多くあります。PHP5.2以前からPHP5.3に変更する場合は多少警告が出るくらいで動作は問題なかったのですが、PHP5.3からPHP5.4では全く動かないケースが多々あります。

PHP5.4で多数のツールが動かない理由。

PHP5.4ではsafe_modeをoffにすることができなくなりました。これが一番大きいかと思います。ツールには動作環境が必ず明記されていますが、そこによく「PHPが非セーフモードで動作すること」と記載されているものがあります。

これが書かれているものはPHP5.4以降のバージョンでは動きません。当サイトで紹介しているツールでも「ネット商人PRO」や「BonusBox」などが駄目です。PHPを利用していない「MilkyStep Professional」や「ゆずまるカバーG」は問題ありません。

※ 但しゆずまるカバーGではPHPは利用していませんが、リサーチアルチザン自体はPHPで開発されています。リサーチアルチザンはPHP5.4でも動きますが、PHP5.5やPHP5.6では動きません。

PHPで開発されたツールは基本的にバージョンに依存すると考えておいた方が良いです。

他社レンタルサーバーの対応状況

  • エックスサーバーでは現在もPHP5.1から利用可能です。エックスサーバーはPHP5.1〜PHP7が現在提供されています。PHP4は提供されていません。
  • さくらインターネットのレンタルサーバーではPHP5.2~5.4、及び5.6、または4.4が利用可能です。
  • CoreServerではPHP5.2〜PHP5.6が利用可能です。safe_modeの制限も解除された模様です。
  • root権のある専用/VPSサーバーではソースから好きなPHPバージョンをインストール可能。各OSのパッケージ版は基本的にPHP5.5以降に切り替わっている。

他にも多数のサーバーがありますが、現状はまだPHP5.3が利用できるサーバーも多いです。しかし今後PHP5.3は利用できなくなることを想定しておいたほうが良いでしょう。

コメントを残す

*

Return Top