稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

メルマガは開封されてこそ意味がある



稲葉です


14日の土曜日に「ちょっとした実験です」というメールを
流したのですが、御覧いただけましたか?
たぶん御覧いただけてないかと思います( ;∀;)
予想以上にクリック率が低かったので。


テスト的に実験をしたかったのですが、
実験が実験にならないという結果になってしまいました。


しかしそれでも得るものはあったので、ご報告します。






■ メルマガは開封されてこそ意味がある


今回の実験で、

「メルマガは開封されてこそ意味がある」

と改めて確認することとなりました。


今回はいつもはやらない3レポートの同時紹介をして、
1つの商品を紹介した時と比べて、
ダウンロード数に変化があるかを見てみたかったのですが、
完全に失敗に終わりました。


いつもと比べると極端にクリック率が低かったわけです。
その原因を分析してみました。






■ 土曜日に配信した


土日というのは、
やはり皆お休みに入ってゆっくりしているのか、
サイトのアクセス数やメルマガの開封率が落ちがちです。


今までの経験からは土日に送ったメールの
反応率は総じて落ちていたりしますから、
今回も例外では無かったということなのでしょう。


どうやらより読ませたい重要なメールは、
平日に送ったほうが良さそうです。


ただちなみに成約数になると話は変わるようで、
土日でも結構成約するんですよね。


見る人は見ている、逆に休みだからじっくり見ている
ということなのかもしれません。






■ メルマガタイトルの重要性


結局はこれに尽きるかと思います。
タイトルで興味を引かないとメルマガも読んでもらえません。


メルマガを書くにも、最初にタイトルを決めて、
本文を書くと、大体ダメですね。


本文を書いて、よく内容を吟味した上で、
タイトルをじっくり付けると、反応率も良かったりします。


メールも今は大量に届く時代ですから、
その中で目立ったり、興味を引かないと、
なかなか開封してもらえません。


タイトルギミックや過激なメルマガタイトルも
流行っていますが、
それもメルマガを開封させる一つのテクニックです。


その意味では、コピーのスキルを磨くのは良いでしょうね。






■ まとめ


土日はサイトのアクセス数だけでなく、
メールの開封率も落ちがちなので、
重要なメールは平日に配信するようにする。


メルマガは開封されてこそ意味があるので、
タイトルはよく考えたほうが良い。


時にタイトルギミックを使うなどの手法も有効。


コメントを残す

*

Return Top