稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

メルマガで稼ぐ肝を大公開します




稲葉です


メルマガで稼ぐ肝は、結局のところ、

「読者との信頼関係」と「どれだけ生きたリストを持っているか」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
に尽きます。


どんなに文章が素晴らしくても、
そもそも読んでくれる読者が少なくてはなかなか稼げません。






■ メルマガで稼ぐ肝とは?


メルマガはいわゆるリストビジネスですから、
リストが無いと話しになりませんし、
また結局のところ、リストのパイの大きさ、
つまり生きたメルマガ読者数が稼ぎの額を決めます。


あとは読者との信頼関係です。
信頼関係が強ければ、読者の数が少なくても
圧倒的な売上を叩き出すことができます。


他の要素もありますが、結局のところメルマガの肝は
「生きたリスト」、「読者との信頼関係」です。


この2つが備わっていれば、圧倒的な売上を叩き出すことができます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

要は難しいことを考えず、
この2つの要素を大きくすることを考えていけば、
間違いなくメルマガで稼げるということです。






■ メルマガは単純な仕組みです。


メルマガで売上を上げる仕組みは単純で、

「メールを出す」→ 「メールを開封して貰う」→ 「行動してもらう」

この3ステップです。


メールを開封してもらい、行動してくれる人が増えれば増えるほど、
売上は大きく拡大していきます。


生きたリストが多ければ、自然と行動してくれる人の数は
増えますし、さらに読者が信頼してくれていれば、
行動してくれる確率も高まります。






■ メルマガで稼げる人、稼げない人


メルマガというのは「やることをやって」生きたリストを
集めていけば、自然自然と稼げるようになっていきます。


稼げない人というのは、難しく考えすぎて、
「重要でない部分に力を割いてしまっている」
のかもしれません。


もしあなたがメルマガで稼げなかったら、
「生きたリストの獲得」と「読者との信頼関係構築」が
できているか、力を入れているかを確認してみてください。


他の要素は後からでもいいですし、
それほど重要でなかったりします。






■ まとめ


メルマガで稼ぐ肝は2つ。
すなわち「生きたリストの獲得」と「読者との信頼関係構築」。


稼げていない場合のみならず、
稼ぎを拡大したい場合も、この2つの要素に着目すべき。


リストは絶えず、新しいリストにして行かないといけないし、
信頼関係も少しずつ築けるもの。
これを止めてしまうと稼げなくなります。






■ おまけ


しかしホントに良い時代になりましたね。


こういった稼ぐために必要な情報というのが、
簡単に手に入るようになりました。


それはこうしてメルマガやブログを読んだりといったことでも
手に入れられますし、
さらに高度なノウハウ、テクニック、マインドも
今や無料で公開されています。


⇒ http://k50.biz/MAM.html



このMAMセミナーはもし見ていなければ、
今すぐご覧になることをオススメします。


今日お話しした「メルマガで稼ぐ肝」を
どうやって構築していくかの
具体的な話しを聞くことができます。


かなり濃い内容となっていますので、反響も非常に大きく、
メルマガで稼ぎたいならば、絶対に観ておいた方が良いです。


逆にもし観ないと、
ライバルにかなりの差を付けられてしまうでしょう。


公開期限が迫っていますので、お早めにどうぞ。


⇒ http://k50.biz/MAM.html






■ さらにおまけ情報


また届かないメールは話にならないので、
メールの到達率や開封率、反応が悪かったら、
エキスパート@メールライトを使ってみてください。


⇒ http://k50.biz/explight.html


こちら970円かかりますが、今申し込むと、

+─────────────────────────────+

・効果的なエキスパライトの活用法

・メルマガのテンプレート、ひな形

・失敗しないリスト構築の秘密(PDFレポート)

+─────────────────────────────+

稲葉からこちらの特典を差し上げます。


なお、特典の請求は、こちらからお願いします。


⇒ http://www.secretzone.net/tokuten.html







コメントを残す

*

Return Top