稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

【要注意】人権団体に告発されそうになりました



稲葉です


今日郵便受けを見ると、とある封書が届いていました。

差出人はとある人権団体、中身を開けてそこに書いてあったのは
告発します!といった内容でした。


中身を開けて、手紙を読んでみるとこんな内容が書いてありました。


「あなたは法を犯したので告発します。

期限を過ぎたら容赦なく告発しますので、

告発を防ぎたければ、電話にて連絡して下さい」



といった内容です。


全く見に覚えがない内容だったので、
最初はなんだこれは?と思ったのですが、
そこに書いてある電話番号を検索してみてわかりました。



これ実は【架空請求】です。

危うく騙されるところでした。



こんな封書が突然届いたらびっくりしますよね。
慌てて電話をしてしまう所です。


名簿業者から買った住所に、
こういった内容を送りつけているのでしょうが
よく考えたものです。


人の恐怖心に付け込んでいますから、かなり悪質ですし、
受け取った側もダマされる可能性が高いです。



こうした見に覚えがない請求や要求を受けた場合、
いきなり電話をかけてしまうのではなく、
必ずネット上の情報を検索したり、場合によっては
警察や消費者センターなどに連絡して対応方法を仰いで下さい。


いきなり電話をかけて、
相手にこちらの個人情報を渡してしまったり、
さらに金銭的要求に乗ってしまうと最悪のケースになりますので、
十分にお気をつけ下さい。



コメントを残す

*

Return Top