稲葉正毅の富の三原則

専業アフィリエイターの稲葉がブログとステップメールでネットに資産を構築する方法を解説。アフィリエイトは種をまけば成長し資産となります。資産構築型のアフィリエイトなら売上を着実にアップできます。

やる気が出ない時にやる気を出す方法

稲葉です


人間誰しもやる気が出ない時があります。
そんなやる気が無いときにやる気を出す方法について解説します。






■ やる気が出ない状態


やる気がでない時というのは、
いわゆる軽いうつ状態になっている可能性があります。


体がだるかったり、憂鬱だったり、無表情だったり、
誰でもなる状態ですが、そういった場合、
軽いうつかそれと同じ状態になっていると考えられます。


その場合、無理に何かをしようとしてもできなかったり、
効率が異常に悪くなったりします。


そこでそういった状況の時に、一気にやる気を改善する方法を
お教えします。






■ セロトニンとドーパミン


ドーパミンについては聞いたことがあると思いますが、
興奮状態になったり、テンションが高くなったりした時、
脳内物質のドーパミンがガンガン出ている状態です。


逆にやる気がない、体がだるい時には、
このドーパミンとセロトニンという物質の脳内分泌が
少なくなっている可能性が高いです。


これは脳の状態ですから、体や意思でコントロールしようとしても
なかなかできるものではありません。


素直にセロトニンやドーパミンを増やす行動をすると、
体のだるさも取れ、やる気もでてきます。






■ ではやる気を出すには?


脳内でセロトニンとドーパミンが多い状態になれば、
自然とテンションも上がってくるものです。


ではどうすれば、それらを増やすことができるかというと、
ひとつは、薬物療法です。


これはうつ病で苦しんでいる人に用いられるもので、
一般の人には関係ないかもしれませんが、
薬でセロトニンやドーパミンの分泌量をコントロールすることができます。


そしてもうひとつの方法は、「運動」です。
最近の研究では、運動をすることにより、セロトニンやドーパミンを
増やすことができることがわかってきています。


つまり運動をすれば、脳内の状態が改善されますから、
自然とやる気が出てくるわけです。


やる気が無いときは、無理に作業をしたりするよりも、
まずは運動をして、脳内環境を活発にしてから行うようにすると、
やる気も出て、効率も上がります。


東大家庭教師が教えるやる気を引き出す50のコツを今なら無料プレゼント!

コメントを残す

*

Return Top