別のユーザーでシェルスクリプトを実行する (sudo -u)

記事が参考になりましたらクリックを!皆様の応援がモチベーションになっています。→ 人気blogランキング!


MTの予約投稿がサーバーを専用サーバーに移行してからうまく動いていない事がわかりました。いくつかの原因が絡まっていましたが、その内の1つにスクリプトを実行するユーザーの違いがありました。


MTで予約投稿を行う場合、run-periodic-tasksスクリプトを呼び出すわけですが、これをMTが動いているユーザー(Webサーバーを実行しているユーザー)で行う必要があります。

レンタルサーバーの場合、root権も当然ないですし、ユーザーも1つしか割り当てられませんから、実行ユーザーの違いは気にならないかもしれません。また管理者側でうまく設定してあり、そういった事を意識しないですむようになっているかと思います。


しかし専用サーバーの場合、ターミナルでログインするユーザーと、MTが動いているユーザーが異なるため、問題が発生します。要は、ターミナルログインユーザーのcronでrun-periodic-tasksスクリプトを実行すると、書き込み権限がない為、投稿が失敗するのです。


これを回避する方法はいくつかありますが、今回は別のユーザーでシェルスクリプトを実行する方法を用いました。sudoコマンドを使います。


$ sudo -u ユーザー名 [コマンド:スクリプト]


こうすると、別のユーザーでコマンドやスクリプトを実行する事ができます。例えばMTがapacheというユーザーで動いているならば、MTを予約投稿するコマンドはこうなります。


$ cd [Path to MT]; sudo -u apache ./tools/run-periodic-tasks


ただし、sudoは通常パスワードを求められますから、パスワード無しでコマンドを実行できるよう、あらかじめ設定しておく必要があります。


sudo /usr/sbin/visudo を実行し、sudo の設定ファイル中に、

ユーザー名 ALL=(apache) NOPASSWD: [Path to MT]/tools/run-periodic-tasks

という行を追加します。


ユーザー名 ALL=(apache) NOPASSWD: ALL
グループ名 ALL=(apache) NOPASSWD: ALL

といった書き方でもOKです。


これで別のユーザーでシェルスクリプトを実行することができます。




人気ブログランキングへ

■ 稲葉の無料メールマガジン
『稲葉のコトバノチカラ、稼ぎの構造』
名 前        
メールアドレス  
名前とメールアドレスを入力して、登録ボタンを押してください。
                                                                   ご登録頂いた情報は、メールマガジン配信の為に利用します。
ご登録頂いた情報を無断で第三者に提供することはありません。

☆ お問い合わせはこちら。迅速、丁寧を心がけています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 別のユーザーでシェルスクリプトを実行する (sudo -u)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.secretzone.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/81

コメントをどうぞ